美容コラム

ダイエット 2023.6.12

GLP-1ダイエット!?リベルサス

リベルサスとは

リベルサスとは空腹感を感じにくくすることで、自然と食事量が減る、なお、胃腸の働きを緩やかにすることで食べた物の消化が遅くなり、通常よりも少ない量で満腹感を感じられるといわれている内服薬です。

また、2型糖尿病の治療薬としても認められています。

リベルサスを服用することにより食欲が減退し痩身効果を得ることを巷では【GLP-1ダイエット】と呼んでいます。

GLP-1とは、もともと人の体の中にあるもので、「痩せホルモン」と言われており、多く分泌されている人は太りにくく、一方で分泌量が少ない人は痩せにくいと言われています。

そのため、GLP-1を接種することで自然と食欲が抑えられるのです。

GLP-1に含まれるセマグルチドという成分が減量に効果的とされており、このセマグルチドは胃酸や消化酵素によって早く分解されてしまうため最近までは注射での投与がメインとされていました。

その例として、サクセンダやオゼンピックがあります。

そこで経口投与をできるようにするため、吸収促進剤を配合して実現させたのがリベルサスです。

経口投与が可能になったことでサクセンダ等の針が医療廃棄物のた医療機関への持ち込みや薬局への持ち込みをしなければならず、破棄が面倒でしたが、経口接種であればそのような廃棄物も出ないためかなりお気軽に始められるようになりました。

冒頭でリベルサスが第2糖尿病の治療薬として認められたとご紹介をいたしましたが、リベルサスは血糖値を低下させるはたらきがあるため、糖尿病の治療薬としても使われ、「2型糖尿病治療薬」として日本では2020年に承認を取得し、2021年2月から販売が開始されました。日本では2020年に承認を取得し、2021年2月から販売が開始されました。

飲める新しいGLP-1受容体作動薬です。

特に食事や運動療法で効果が出ない2型糖尿病患者は、リベルサスで血糖値のコントロールを行うことができます。

このようにリベルサスは国内で販売が認められている有効性のある薬であり、ダイエットだけでなく糖尿病などの治療にも使われている医薬品です。

リベルサスの服用方法

 リベルサスには3mg、7mg、14mgの3種類があります。リベルサスの飲み始めは副反応として、胃の不快感、むかつき、お腹のはり、下痢等の胃腸障害が起こる可能性があるため、成分量の少ない3mgからの服用から開始となります。

また当院では、安全性を鑑み、採血をさせていただく、もしくは、3ヶ月以内の採血結果があれば医師の確認をさせていただいてからの服用開始となります。

 

リベルサスは低血糖症状が起こる可能性があります。

低血糖症状とは、手指の震え、脈が早くなる、頭痛、生あくび等の症状が起こる症状です。

低血糖症状が起きた場合はブドウ糖を含む食べ物、飲み物を速やかに摂取していただくことで症状は落ち着きます。

 

最後に

このようにかなり始めやすく効果の期待も高いリベルサスですが、早く飲み始めたいからといって個人輸入をしたり、医師の診断なく購入することは控えてください。

個人輸入で入手できる医薬品に関しては、日本国内で出回っているものとは違い安全性や有効性が認められていないものや、偽造品などもあります。

また、医師の診断なく購入された場合、正しい飲み方ができず、効果を感じられなかったり、極度の低血糖に陥り、意識不明などになってしまう可能性もあります。

 

 お手軽にダイエットをできるお薬だからこそ、より効果を安全に感じていただくためにもクリニックの受診をしていただき正しく安全に、簡単にダイエットをしましょう。

カテゴリごとの関連記事

Inquiries & Reservations

お問い合わせ・ご予約

まずはお気軽に
お問い合わせください。

pagetop